1. ホーム >
  2. 病院紹介 >
  3. 病院機能評価 3rdG:Ver.1.1の認定を受けました

病院機能評価 3rdG:Ver.1.1の認定を受けました

  平成30年1月4日付けで当院は病院機能評価3rdG:Ver.1.1の医療機関として認定を受けました。
  この認定は、(財)日本医療機能評価機構が、組織全体の運営管理および提供される医療について中立的、科学的・専門的な見地から評価を行い、評価基準を満たす医療施設に5年間有効の認定証を交付するものです。

認定病院とは

  審査により、一定の水準を満たしたと認められた病院は「認定病院」となります。

  認定病院は、地域に根ざし、安全・安心、信頼と納得の得られる医療サービスを提供すべく、日常的に努力している病院と言えます。

評価方法は

  当院が受審した「主として二次医療圏等の比較的広い地域において急性期医療を中心に地域医療を支える基幹病院」として区分された「一般病院2」の審査は、4つの評価対象領域、89項目で構成されています。
  ◇第1領域「患者中心の医療の推進」  21項目
  ◇第2領域「良質な医療の実践1」  33項目
  ◇第3領域「良質な医療の実践2」  14項目
  ◇第4領域「理念達成に向けた組織運営」  21項目

  審査基準に沿って各専門知識(診療、看護、事務)を有する評価調査者(サーベイヤー)が、事前提出資料と2日間に渡る訪問審査により評価を行います。

当院の認定経歴

  当院は病院機能評価が始まった1997年に、長野県内の病院として初めて審査・認定を受け、2003年(Ver4.0)、2008年(Ver5.0)、2013年(Ver.6.0)、2018年と全5回の認定を重ねてきました。

審査・更新認定を受けて

  評価基準は定期的に更新されるためその都度対応が必要です。当院は訪問審査を受ける1年前から各部署の代表を中心に評価項目について自己採点し、検討課題の抽出と改善を行ってきました。

  また今回新しい評価方法として「ケアプロセス評価」が導入され、より病院全体のチーム医療の実践が問われます。これは医師・看護師はもちろん、薬剤師、検査技師、栄養士、療法士など医療にかかわる全職種の職員が集まりサーベイヤーの質問に答えていくもので、限られた時間で的確な応答が求められるため模擬訓練も行いました。

  これら認定をいただくための準備は、私たちが行っている医療行為を振り返る良い機会となりました。

  しかしながら「適切」と評価されても、更に努力が必要な課題もあります。今後はこれらの課題の改善を進め、「患者さん中心の満足と安心、権利と安全に配慮した医療」という当院の理念の下、「認定病院」として、地域の皆様から信頼される病院を目指してまいります。


  日本医療機能評価機構ホームページ内に、当院の評価結果が掲載されています。

関連リンク

関連ファイル

ページトップへ戻る