1. ホーム >
  2. 部門紹介 >
  3. 看護部 >
  4. 奨学金制度

奨学金制度

   奨学金制度とは看護師を目指す方の勉強や生活を支えるために学費を援助し、少しでも本人や家族の負担を減らし、充実した学校生活を送っていただくための制度です。



奨学金・支給期間等

  • 対象者    看護学校等(看護大学・短大・専門学校)に在学中で卒業後当病院に勤務する意思のある方
  • 貸与額    年額60万円以内(月額5万円以内)
  • 支給期間  学校等の正規の在学期間
  • 募集期間  (第1次締切)    平成30年6月29日(金)  (郵送の場合同日必着)
  • 申請方法  奨学金貸与申請書及び誓約書を提出してください。
  • 募集人員  若干名
  • 審査  面接のうえ決定します。
  • 貸与決定後、住民票、在学証明書等を提出していただきます。(申請時は在学を確認できるものをお持ちください。)

※申請書類は、関連ファイルから印刷するか、松本市立病院事務部(電話0263-92-3027)までお問い合わせください。

    

      

Q&A

  • 奨学金制度ってどんな制度?
    奨学金制度は看護師になろうという方のために、資金のバックアップを行い、学費の援助をするための制度です。
  • 奨学金制度の内容を詳しく教えて下さい。
    当院の制度は、毎月25日に5万円以内の希望額を指定の銀行口座に振り込みます(年払い、半年払いも可能です)。学校等の在学期間となりますので、3年間の貸与を受けた方は年60万円で合計180万円になります。
  • 奨学金の返済はどうすればいいですか?
    奨学金の返済は学校卒業後、奨学金を受けた月数の2.0倍を当院で勤務すれば返済は免除いたします。(3年の場合、6年当院に勤務いただければ返済の必要はありません)。途中でやめなければならなくなった場合は、残額を返済していただくことになります。
    例)3年間奨学金を借りて、2年間当院に勤務して辞める場合
    奨学金額(5万円×36カ月=180万円)÷返済免除義務年限(36カ月×2.0=72カ月)=2.5万円
    2年間お勤めいただいたので2.5万円×24カ月=60万円を180万円から差し引きした残りの120万円を返済していただくことになります。
  • 奨学金を受けていて留年、国家試験に落ちてしまった場合は?
    留年の場合は、留年してしまった年は奨学金が停止となります。翌年進級した場合は支給を再開します。
    残念ながら国家試験に落ちてしまった場合は、返済を1年猶予することができます。ただし再度受験し落ちてしまった場合は、奨学金は全額返済していただきます。
  • 奨学金を受けていると就職時の給与で奨学金を受けない方との差がありますか?
    当院の場合、奨学生の方もそうでない方も区別はありません。
    初任給、賞与、昇給、昇格の条件は全て同じです。

お問合わせ

松本市立病院  事務部総務担当
電話0263-92-3027

関連ファイル

ページトップへ戻る