1. ホーム >
  2. 妊産婦さんガイド >
  3. 里帰り分娩受け入れの一部再開について

里帰り分娩受け入れの一部再開について

里帰り分娩受け入れの一部再開について

  新型コロナウイルス感染症の拡大は長野県では小康状態となっておりますが、一部の都道府県では依然として患者の発生が確認されております。当院では長野県外からの里帰り分娩を予定されている妊婦様の利便性を考慮し、中止していた新規分娩予約を一部再開することとなりました。
  2020年6月19日より、今も患者の発生が見られる北海道、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県以外に在住の妊婦様から段階的な受け入れ再開といたします。
  県内からの里帰り分娩を希望される方、または本年4月19日以前にすでに県外から分娩予約をいただいた方は、引き続き妊婦健診/分娩をお受けいたします。
以下の点の確実な実行をお願いいたします。

1.松本地区に帰省されてから2週間以上経過してから当院を受診してください。帰省後、2週間を満たさない場合は、2週間過ぎにあらためて外来予約を取り直します。帰省直前に居住地のかかりつけ医院で妊婦健診を受けていただくと、当院では適切な時期の健診となります。

当院受診前の松本地区滞在2週間(コロナウイルス発症経過観察期間)の間に、ご本人・ご家族とも不要不急の外出、再度の県外への往来は避けてください。特に県外からの夫・パートナーの後からの合流はお控えください。場合によっては、妊婦健診日がさらに延期となる可能性があります。

外来受診時の家族の付き添い、入院中の家族の面会/分娩立ち会いには一部制限がございます。ご家族の方は、当院の電話番号を登録し、いつでも連絡が取れるようにお願いします。

2.出血や腹痛などの産科的異常のため受診を希望される場合は、来院される前に熱も測った上、お電話ください。症状と一緒に体温もお聞きします。

3.帰省されてから受診までの間に発熱、咳、体のだるさ、流行地の方と接触したなど新型コロナウイルス感染の疑いが生じた場合は、松本保健所(0263-40-1939)へ相談してください。


院内感染、医療崩壊を防ぐために、皆様のご理解ご協力をよろしくお願いいたします。


                                  2020年6月19日  松本市立病院産婦人科

ページトップへ戻る