1. ホーム >
  2. 部門紹介 >
  3. 診療部 >
  4. 産婦人科

産婦人科

特徴

当科は、日本産科婦人科学会の連携型専攻医指導施設であり、2名の女性常勤医師と3名の男性常勤医師及び22名の助産師が勤務しています。

産科ではハイリスク妊娠を除いて、分娩制限はしておりません。帰省分娩にも対応しています。現在、年間約400~500例の分娩件数を扱っております。

24時間体制で365日産婦人科医が常駐しており、小児科・麻酔科と共に安心・安全な周産期医療の実践に努めています。

婦人科では内視鏡(腹腔鏡、子宮鏡)下手術に力を入れており、子宮および付属器(卵巣・卵管)の良性疾患に主に対応しています。

当科の方針として、全ての患者さんに科学的根拠に基づいた最適な医療を提供することをお約束致します。


<産科>

    松本地域  出産・子育て安心ネットワークに準じて妊娠分娩管理を行っています。初診予約時に当院での出産が可能かどうかの問診を行わせていただいております。骨盤位・前回帝王切開後妊娠の場合には、全例帝王切開術を行っています。帝王切開には必ず小児科医が立ち会い、出生後すみやかにケアします。また、新生児には全員小児科医による診察があるので安心です。  

妊娠34週未満のの切迫早産や前置胎盤、重篤な合併症妊娠などのハイリスク妊娠の方で当科では対応が困難と判断された場合は、信州大学や県立こども病院にご紹介する場合があります。

*妊娠中の悩み・出産に関する相談は産婦人科外来で随時お受けしています。

*当院での分娩を希望される方は妊婦さんガイドをご覧ください。

<婦人科>

・子宮筋腫、卵巣腫瘍などの良性腫瘍に対する治療を行っています。手術療法では開腹術に比し術後の回復が早いと言われている腹腔鏡、子宮科鏡下手術を積極的に薦めています。悪性腫瘍は、原則として信州大学病院にご紹介致します。

・不妊症に対する検査(血液検査、精液検査、クラミジアなどの感染症検査、子宮卵管造影検査、腹腔鏡検査)、および治療(排卵誘発、タイミング法)を行っています。卵管鏡検査・体外受精が必要な方は対応可能な施設に御紹介致します。

・婦人科検診も行っています。検診をご希望の方は市町村検診よりお申込み下さい。

「平成29年診療実績」

  • 分娩件数430件   手術件数166件  

スタッフ

塩沢  功

産婦人科科長
昭和50年  信州大学卒業

  • 資格
    日本産科婦人科学会専門医
    日本産科婦人科学会指導医

田村  充利

産婦人科科長
平成3年  東北大学卒業

  • 資格
    日本産科婦人科学会専門医
    日本産科婦人科学会指導医
    日本専門医機構  産婦人科専門医
    日本産科婦人科内視鏡学会  技術認定医
    日本内視鏡外科学会  技術認定医
    日本生殖医学会  生殖医療専門医
    日本人類遺伝学会  臨床遺伝専門医
    日本女性医学学会認定  女性ヘルスケア専門医

斉藤  慶弘

産婦人科科長
平成7年  北里大学卒業

  • 資格
    日本産科婦人科学会専門医
    日本産科婦人科学会指導医
    日本専門医機構産婦人科専門医
    母体保護法指定医

小原  美幸

産婦人科医長
平成14年  信州大学卒業

  • 資格
    日本産科婦人科学会専門医

横井  由里子

産婦人科医員
平成15年  秋田大学卒業

  • 資格
    日本産科婦人科学会専門医
    母体保護法指定医

 

ページトップへ戻る