1. ホーム >
  2. 部門紹介 >
  3. 診療部 >
  4. 泌尿器科

泌尿器科

特徴

当科は、日本泌尿器科学会指導医・専門医の常勤医2名医師で診療しています。

当外来では常駐看護師1名にて患者様の健康を常にチェックし、不明な、不安な点にいつでもお答えできるような体制作りをしています。
来院の際、どんな些細なことでも親身になって一緒に考え、安心して治療を受けられるようにしていく所存です。

私共は、患者さんの診察、治療にあたりインフォームド・コンセント(病状や数ある治療の仕方を患者様に説明し、患者さんの希望にそった治療法を納得して受けていただくこと)に基づいて治療を行うように心がけています。

特に治療というものは、患者さん一人一人にあった治療を選択しませんと治癒を遅らせるどころか悪化させてしまいます。そのため、患者さんの状態に合わせたオーダーメイドの医療を心して治療に望んでおります。 診断は迅速に、治療は一般に受け入れられている方法を基本に、患者さんの生活の質を重視し、患者さんと家族の皆さんへの説明と同意を得ながら手術、放射線、薬物治療などを進めていくよう心がけています。

例えば、膀胱癌などで膀胱を摘出したあと尿路の再建が必要です。当科では、患者さんの術後のクオリティ オブ ライフ (生活の質) を考慮し、腹部に集尿具を貼り付けることの無い、尿道からの自然排尿が可能な尿路再建術 ( 小腸を利用した新膀胱の造設 ) を第1選択としております。また、必要に応じ、信州大学泌尿器科、相澤病院、国立病院機構松本病院などと連携し診察、治療にあたっています。

膀胱癌などの根治手術及び尿路再建術や前立腺肥大症の手術などは、ある程度の出血を伴います。当科では、前もって自分の血液を採取し、手術時に戻すことにより輸血をしないよう対応しており、安定した手術成績を提供できるものと考えております。さらに、今後も質の高い医療を維持し、患者さんにその医療を提供するため、診断、治療技術の研鑽や学会での発表を怠らないように努力しています。

当科は高齢者が多いので、地域医療にかかせない家族背景も考慮した、思いやりのある医療を目指しています。

主な疾患

当科は、尿路感染症、排尿障害、悪性腫瘍 (癌) など、泌尿器科全般にわたって診療しています。

前立腺肥大症・前立腺癌・腎癌・膀胱癌・尿路結石や、膀胱炎や腎盂腎炎などの尿路感染症、尿失禁、頻尿を主とした神経因性膀胱が代表的な疾患です。

スタッフ

飯塚啓二

泌尿器科科長
昭和62年  信州大学卒業

  • 資格
    日本泌尿器科学会指導医
    癌治療学会認定医
    医学博士
  • 学会
    日本泌尿器科学会
    日本臨床細胞学会
    日本癌治療学会
  • 担当・専門
    泌尿器科
    悪性腫瘍一般


石川雅邦

泌尿器科科長
平成12年  信州大学卒業

  • 資格
    日本泌尿器科学会専門医・指導医
  • 学会
    日本泌尿器科学会
    日本泌尿器内視鏡学会
    日本排尿機能学会
  • 担当・専門
    泌尿器科
    泌尿器内視鏡治療

ページトップへ戻る